SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

**ハトニコ社日報**

<< そつてん | main | ぶんご窯 >>
おに
0
    窯出しは緊張します

    今日は神社にお参りしてからにしようと思って、
    吉備津神社に行ってきました

    近いので、窯出しの前に行くのが恒例になりつつあります


    雨上がりの本殿は雄大で癒されます

    今日は参拝してる人がほとんどいないです



    長い回廊がとてもきれい
    心が静かになります


    半分くらい歩いたところ

    やっと端っこが見えてきました


    この途中を曲がったところに鳴釜神事を行う御釜殿があります

    御釜殿の下には、吉備津彦命に倒された鬼の首が埋まってます

    釜で湯を沸かしてその上にのせた蒸篭に米を入れると、
    鬼がうなるような音がして、その音で吉凶を占います


    外の占い待ち席
    かわいい


    今日はすでに終わってました




    小さい頃ぜんそくだった私は、
    夜中に発作で目が覚めて母が看病してくれてるとき、

    夜寝ない悪い子がいる 

    と言って赤鬼と青鬼が家に来たことがあります



    ツノが天井を突き破るくらいの大きな鬼に母は

    そんな子はうちにはいません、となりじゃないでしょうか?と

    私をかばって嘘をつきました


    鬼は、
    そうか、そりゃ悪かったな、お詫びに栗をあげる

    と言って、大きなお皿にいっぱいの湯で栗を
    寝てる兄を操って持って来させました


    その後のことは覚えてないけど、
    殺されるかもしれない!くらいの恐ろしい体験だったのです

    あまりにも恐くてずっと誰にも言えなかった


    信じる or 信じない



    大きくなって、妹に
    わたし 鬼  家で見たことあるんよ〜って言ったら、


    「え!姉ちゃんも!?」


    ほら、証人がここに

    やっぱり岡山には鬼も桃太郎もいるんですよ



    肝心の窯出しは、4勝1敗でした

    1個は今までにないくらい割れてました

    鬼より恐い



    | - | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.hato810.jp/trackback/117