SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

**ハトニコ社日報**

<< Open | main | 水戸黄門 >>
たんぽぽ
0
    朝から大仕事を2つこなしました


    ひとつは町内会のゴミ当番

    7時から立って、ビン、カン、新聞紙などの分別監視役

    良かった〜、ちゃんと起きれて 



    もうひとつは、フレッシュマンセミナーという授業です


    新人サラリーマンのスーツ姿が頭に思い浮かぶような授業名ですが、

    大学1年生に教員がそれぞれ1コマずつ授業する、自己紹介のような授業


    今年はじめて私にもその大役が回ってきました



    学生のころの作品から今の作品まで、

    やきものの面白さが伝わればいいなとデータを用意し、

    昨日はしっかり練習して時間配分もばっちりで臨みましたが、



    100人を前にマイクを握ると緊張して早口になりました



    陶芸をやっていこうと決めたきっかけの作品



    から今までをまとめる作業は、こんな機会じゃないとなかなか腰が重い

    無事終わってほっとしました




    アインシュタインの言葉 

    …教育とは、学校で学んだことを全て忘れ去った後に残っているもの…


    さて、なにか残るでしょうか





    小学校3年生の担任だった先生のお話


    体育の跳び箱の時間

    最後の着地の決めポーズの時は「ハイル、ヒットラー」と言いなさい

    と言われ、もちろん意味も分からずそういうもんなんだと


    一列に並んだ小学生が次々に

    跳び箱を跳んでは、ビシッと決めて、「ハイル、ヒットラー!」



    先生は腹をかかえて床に転がって大爆笑



    私たちは、先生が喜んでくれてるのが嬉しくて、

    さらに元気よく声を張り上げて「ハイル、ヒットラー!!!」




    なんで先生が笑い転げてたのか分かったのは何年も先のことでした

    そのブラックな体育は面白くてよく覚えてるな〜




    | - | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。